「ほっ」と。キャンペーン

2014年4月オープンに向けて、カフェ開業までの道のり

by haruhigohancafe

カフェ開業に向けて2013.12

創業補助金を受ける条件が
現在個人事業主登録している人は株式会社に、というのがあったので、2月末の発表で採択されたら株式会社はるひごはんの代表取締役。。こんなわたしが(--)
今までの人生を考えると、自分が社長なんて器じゃない事は自分が一番分かっているけども、

人間って変えられるんだ!
前向いてると、何でもできるんだ!

って事を、私がやった事で一人でも感じてくれたらいいなぁって
おこがましいけども、本当にそう思う。

だって、自分が今まですっごくネガティブで根暗だったから(笑)


30代になって、本当に人生楽しい!
過去は変えられないけど、未来はいくらでも自分の思うようにできる。
そう考えたら楽しくてしょうがない!!


って思えるようになったのも、周りの人のお陰。


フリーランスで働くようになってから妥協して働いている人がいない。
自分のやりたい事を、プライドを持ってやっている。

もちろん、やりたくない仕事もある。
だけど年々、やりたくない仕事は断れるようになって来たし、ノーギャラの仕事はもちろん受けない。(稀に、やることもあるけども・・・)

料理研究家なんて言ってしまえば今日から誰でもなれるので、ギャラのスタンスは人それぞれ。
企業に寄ってもピンキリ。



商品撮影など、ギャラは良いけども自分じゃなくてもできるんじゃないか?という仕事もこれからは断って行こうと思う。スタイリングは得意分野だと思うけども、後10年20年続けて行ける自信がない。
体力的にすっごく厳しい。(荷物が超重たいし、勤務時間も長い。)



となると、これから自分はどうして行きたいのか?
料理研究家として、というよりも店作りなどのプロデュースをやりたい、と思うようになっていて、プロデュース業や店舗オーナーならこの先何十年も続けて行けるんじゃないか。と先を見据えるようになってきた。
今30代だけど、60、70まで仕事をするなら現場に立てるのは今しかない。
ここで、店作りの基盤を作ってそのノウハウを教えるような仕事がしたい、と思った。


料理研究家として、栗原はるみさんみたいに有名になれる自信はないし、他の道を考えて行かないと、今やらせてもらっているデモンストレーションとかレシピ開発を、ずっと企業さまから頂けるとは限らない。
自分で仕事を作っていかなくては!!という危機感。

いつ死ぬか分からない。だったらやりたい事をやろう!

明日死ぬとしたら、やる?やらない?それが基準。

社長はちょっとアホがいい、だっけ?そんな本があった。

ちょっとじゃないかもしれないけど、かなりアホかもしれないけど(笑)


でも、やりたいか、やりたくないか?で決めれば人生楽しいんじゃないかな?って、
そう思える人と思えない人がいるって分かってる。
でも、自分はそういう単純な人なので、やれる人がやったらいい!と思うし、自分がやるべきなんじゃないかって要らん使命感。笑



と、前置きが長くなったけど12月24日の創業補助金〆切まで、ツメが大変だった。
認定事務所の税理士のセンセイがかなり大変だった、とも言う(笑)

私が言いたい事を箇条書きに整理してくれて、ダーーっと想いを書いた私の気持ちを整理してくれた^^;
先生、その節は本当にお世話になりました(><)


数字の計画の面では、「こんなにうまく行く数字を書かないで!」とダメ出し^^;


それを何度も繰り返し、
提出の時の書類もギリギリで取り寄せ、なんとか12/21に提出・・


あとは結果を待つばかり!





と言っても創業補助金は2月末に合否が出て、補助金としての経費対象となるのは4月~9月。
なので、創業補助金が通らなくても金融機関にお金を融資してもらわなくてはいけないので、それは年明け。
創業補助金が通ればラッキー、というスタンスでお店の準備を始めてます!!!
[PR]
by haruhigohancafe | 2013-12-25 19:56 | カフェ開業2013.12