2014年4月オープンに向けて、カフェ開業までの道のり

by haruhigohancafe

カテゴリ:カフェ開業2013.11( 1 )

2013.11は、自分の料理研究家としての仕事が忙しかった。

大阪、京都、名古屋、都内、神奈川7ヶ所での高島屋イベント。
その他、料理イベント、撮影がいくつか。レシピ撮影があると試作もしないといけないし、プライベートでも子供の事や、仕事関係の飲み会やらでめちゃめちゃ忙しく・・


そんな中、例の物件で動きたい!という意向を告げ税理士の先生と打ち合わせとメールを重ねて、12月24日〆切の操業補助金の申し込みに間に合わせよう、という方向になった。



料理が好きで店をやりたい人って数字の事は考えず、とりあえずやっちゃえ!っていう人が大半だと思う。
私もそのタイプだし、それが当たり前だと思っていたけど、この創業補助金の為の創業計画書がめちゃめちゃ自分のためになった。

何をやりたいのか?から始まり、何でやりたいのか?どうやって?市場は?数字の計画は?



これを作る事になり、右脳派のわたしは(笑)何にも考えてなかったんだなーと思った。




色々考えているうちに、自分の売りって何だろう・・
これで大丈夫なのか?
とすっごく不安になってきて。
一番最初に考えたのが「staub cafe」
大好きなストウブ鍋を売りにしたカフェ。

ただ、これを色んな社長さんに相談するとストウブから出資してもらっているみたい、とかストウブの知名度が低すぎる、と反対意見が多くて・・ もっとはるひちゃんの名前を売った方がいいよ!とアドバイスをいただき、そうかぁ・・自分が思っているよりもストウブユーザーは少なく、それは都内だったら通用するのかもしれないけどこれが厚木では無理かもしれない・・

と考えた時、やっぱり物件を一緒に見に行った天然酵母パン屋さんの愛ちゃんのことを思い出した。


本厚木に天然酵母のハード系のパンを得意とするパン屋は少なくて、愛川町に店を構える人気パン屋さんとコラボすればいい方向にイケるんじゃないのかな?!と。


パンは単価が低く、天然酵母パンが好きな人って遠方からも買いに来る。
カフェも併設されていれば、話題性もあるし、みんなパンって好きだし^^と。

愛ちゃんにソッコー連絡して、夜にスタバで会議。
考えが同じすぎて、盛り上がり、一緒にやろう!という話しになった。
私と同じ性格で、せっかち、ポジティブ、テキトー。いや、私の上を行くな(笑)


とにかく、上を向いている人と何かをやろう!とするのは楽しい。

いいタイミングで、(これが半年ずれてたら無理だったって言われた。)やろう!って思えるのが運命なんじゃないかな、ととにかく前向きな私たち。



創業補助金の創業計画書を書きつつ、センセイにダメ出しされつつ、やりとりをしていたのが11月。


12月に続く。
[PR]
by haruhigohancafe | 2013-12-25 19:24 | カフェ開業2013.11