2014年4月オープンに向けて、カフェ開業までの道のり

by haruhigohancafe

<   2013年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

創業補助金を受ける条件が
現在個人事業主登録している人は株式会社に、というのがあったので、2月末の発表で採択されたら株式会社はるひごはんの代表取締役。。こんなわたしが(--)
今までの人生を考えると、自分が社長なんて器じゃない事は自分が一番分かっているけども、

人間って変えられるんだ!
前向いてると、何でもできるんだ!

って事を、私がやった事で一人でも感じてくれたらいいなぁって
おこがましいけども、本当にそう思う。

だって、自分が今まですっごくネガティブで根暗だったから(笑)


30代になって、本当に人生楽しい!
過去は変えられないけど、未来はいくらでも自分の思うようにできる。
そう考えたら楽しくてしょうがない!!


って思えるようになったのも、周りの人のお陰。


フリーランスで働くようになってから妥協して働いている人がいない。
自分のやりたい事を、プライドを持ってやっている。

もちろん、やりたくない仕事もある。
だけど年々、やりたくない仕事は断れるようになって来たし、ノーギャラの仕事はもちろん受けない。(稀に、やることもあるけども・・・)

料理研究家なんて言ってしまえば今日から誰でもなれるので、ギャラのスタンスは人それぞれ。
企業に寄ってもピンキリ。



商品撮影など、ギャラは良いけども自分じゃなくてもできるんじゃないか?という仕事もこれからは断って行こうと思う。スタイリングは得意分野だと思うけども、後10年20年続けて行ける自信がない。
体力的にすっごく厳しい。(荷物が超重たいし、勤務時間も長い。)



となると、これから自分はどうして行きたいのか?
料理研究家として、というよりも店作りなどのプロデュースをやりたい、と思うようになっていて、プロデュース業や店舗オーナーならこの先何十年も続けて行けるんじゃないか。と先を見据えるようになってきた。
今30代だけど、60、70まで仕事をするなら現場に立てるのは今しかない。
ここで、店作りの基盤を作ってそのノウハウを教えるような仕事がしたい、と思った。


料理研究家として、栗原はるみさんみたいに有名になれる自信はないし、他の道を考えて行かないと、今やらせてもらっているデモンストレーションとかレシピ開発を、ずっと企業さまから頂けるとは限らない。
自分で仕事を作っていかなくては!!という危機感。

いつ死ぬか分からない。だったらやりたい事をやろう!

明日死ぬとしたら、やる?やらない?それが基準。

社長はちょっとアホがいい、だっけ?そんな本があった。

ちょっとじゃないかもしれないけど、かなりアホかもしれないけど(笑)


でも、やりたいか、やりたくないか?で決めれば人生楽しいんじゃないかな?って、
そう思える人と思えない人がいるって分かってる。
でも、自分はそういう単純な人なので、やれる人がやったらいい!と思うし、自分がやるべきなんじゃないかって要らん使命感。笑



と、前置きが長くなったけど12月24日の創業補助金〆切まで、ツメが大変だった。
認定事務所の税理士のセンセイがかなり大変だった、とも言う(笑)

私が言いたい事を箇条書きに整理してくれて、ダーーっと想いを書いた私の気持ちを整理してくれた^^;
先生、その節は本当にお世話になりました(><)


数字の計画の面では、「こんなにうまく行く数字を書かないで!」とダメ出し^^;


それを何度も繰り返し、
提出の時の書類もギリギリで取り寄せ、なんとか12/21に提出・・


あとは結果を待つばかり!





と言っても創業補助金は2月末に合否が出て、補助金としての経費対象となるのは4月~9月。
なので、創業補助金が通らなくても金融機関にお金を融資してもらわなくてはいけないので、それは年明け。
創業補助金が通ればラッキー、というスタンスでお店の準備を始めてます!!!
[PR]
by haruhigohancafe | 2013-12-25 19:56 | カフェ開業2013.12
2013.11は、自分の料理研究家としての仕事が忙しかった。

大阪、京都、名古屋、都内、神奈川7ヶ所での高島屋イベント。
その他、料理イベント、撮影がいくつか。レシピ撮影があると試作もしないといけないし、プライベートでも子供の事や、仕事関係の飲み会やらでめちゃめちゃ忙しく・・


そんな中、例の物件で動きたい!という意向を告げ税理士の先生と打ち合わせとメールを重ねて、12月24日〆切の操業補助金の申し込みに間に合わせよう、という方向になった。



料理が好きで店をやりたい人って数字の事は考えず、とりあえずやっちゃえ!っていう人が大半だと思う。
私もそのタイプだし、それが当たり前だと思っていたけど、この創業補助金の為の創業計画書がめちゃめちゃ自分のためになった。

何をやりたいのか?から始まり、何でやりたいのか?どうやって?市場は?数字の計画は?



これを作る事になり、右脳派のわたしは(笑)何にも考えてなかったんだなーと思った。




色々考えているうちに、自分の売りって何だろう・・
これで大丈夫なのか?
とすっごく不安になってきて。
一番最初に考えたのが「staub cafe」
大好きなストウブ鍋を売りにしたカフェ。

ただ、これを色んな社長さんに相談するとストウブから出資してもらっているみたい、とかストウブの知名度が低すぎる、と反対意見が多くて・・ もっとはるひちゃんの名前を売った方がいいよ!とアドバイスをいただき、そうかぁ・・自分が思っているよりもストウブユーザーは少なく、それは都内だったら通用するのかもしれないけどこれが厚木では無理かもしれない・・

と考えた時、やっぱり物件を一緒に見に行った天然酵母パン屋さんの愛ちゃんのことを思い出した。


本厚木に天然酵母のハード系のパンを得意とするパン屋は少なくて、愛川町に店を構える人気パン屋さんとコラボすればいい方向にイケるんじゃないのかな?!と。


パンは単価が低く、天然酵母パンが好きな人って遠方からも買いに来る。
カフェも併設されていれば、話題性もあるし、みんなパンって好きだし^^と。

愛ちゃんにソッコー連絡して、夜にスタバで会議。
考えが同じすぎて、盛り上がり、一緒にやろう!という話しになった。
私と同じ性格で、せっかち、ポジティブ、テキトー。いや、私の上を行くな(笑)


とにかく、上を向いている人と何かをやろう!とするのは楽しい。

いいタイミングで、(これが半年ずれてたら無理だったって言われた。)やろう!って思えるのが運命なんじゃないかな、ととにかく前向きな私たち。



創業補助金の創業計画書を書きつつ、センセイにダメ出しされつつ、やりとりをしていたのが11月。


12月に続く。
[PR]
by haruhigohancafe | 2013-12-25 19:24 | カフェ開業2013.11
今日から新しいブログを書きます。
はるひごはん&ベーカリー(仮) ベーカリーカフェオープンまでの道のりを綴り、数年後、十数年後、何十年後の自分の為に。

また、カフェを始めたい人のお手伝いが少しでもできますように。



2013.8
フリーで料理研究家・フードコーディネーターの仕事を始め、3年目。
2011.2に「はるひごはん」で個人事業主登録。
料理教室を中心に活動を始め、仕事の幅を徐々に広げて企業のレシピ開発、百貨店やイベントでの調理デモンストレーション、雑誌やwebの撮影、商品撮影のフードコーディネートなどが主な仕事。

名前が出る仕事はやりがいがあるが、名前が出ない仕事は誰でも出来るんじゃないか?という疑問を持ち始める。


それまではどんな事もやるスタンスだったけど、「自分で仕事を取る」「自分で仕事を作っていく」事に意識を向け始めたのが2013年。




ちょうど、厚木市の「あつぎ起業スクール」の募集が目に入る。
2013.8より全6回の講座。受講料は格安の2000円!(1回じゃないよ、6回で。笑)
気軽な気持ちで申し込んだ。
いつか、会社を作ってもっと稼ぎたい、と思う気持ちはあったが今すぐ、という気持ちは更々なかった。


ちょうど、フリーランスという仕事柄社長さんにお会いする機会が多く、起業スクールに通うという話しをすると、応援してくれる人や「そんなの行っても意味ない」という人も居た。

私も、そんなに期待していなかった。(料金が安すぎる為。笑)
お友達ができるなんて思ってもいなかったし、この講座に行って人生変わったなぁ、と(いい意味で)今となっては思う。どんな所にでも、自分の意識の向け方次第でご縁もあるし、色んな人に会うとパワーをもらえ、色んな考えがあるんだなってすごく勉強になる。
自分のモットーは「無駄な事などない!」なので。


しかし、8、9、10月は学校行事も多く、子供の運動会や仕事のイベントで全六回中、予定で出られるのは半分だけ。
一回目の講座では隣に座った人、後ろの列の人4人で他己紹介。
名札に自分の名前とやりたい職種を書くんだけど、やりたい事はなんだか分からなかったので「フード関係のコンサル」と書いてみた。テキトー(笑)


隣に座っていたのは女性専用のカイロ治療サロンを開業しようとしているAちゃん。
やっぱりご縁があるのか、数回会う内に仲良くなって(男の子二人のママと言う事もあり、年齢はAちゃんのが先輩だけども)
しかも開業予定場所が同じ公園沿いにあり、徒歩1分くらいの距離!
こういう所で本当にご縁を感じます。


後は開業にあたっての心構えなどを女性のセンセイから聞き、税理士さんの会計の話しなどを聞いた。


第一回の講座の後は名刺交換。総勢50人くらい居たので女性を中心にご挨拶。



ここで名刺交換したTちゃんとはこれまたすんごいご縁で、この講座の帰り道にバスに乗る前、「あれ?携帯がない~」と一人ベンチに座り、かばんをごそごそしていた所、パッと顔を上げたらさっき名刺交換したTちゃんが。
「あっ?先ほどお会いしましたよねっ?お疲れ様でした~」とご挨拶し、ちょびっと話していたらお子さんの年齢がうちの長男と一緒。
Facebook申請しますね~とお別れし、その後やりとりしていたら、またもう一つ奇跡が。
厚木市のビジネス英会話というのに申込みしていたら、なんと同じ曜日、同じ時間で生徒はTちゃんと二人きり!!


ここから一気に仲良くなり、英会話のパーティーに行ったり、プレゼン資料を一緒に作ってもらったり。


今はfacebookがあるから、仲良くなるのも早い。情報がたっぷりあるから、どんな人か知る事が容易にできる。うまく使えば本当に便利。



第二回目の講座は受けられず、第三回目は会計の話しが多かったかな。
あとは先輩創業者のお話しとか。
個人面談もあったけど、何がやりたいのか分からなかったから、とりあえず儲かりそうな(笑)事を考え、「スタバの様に気軽に行ける、吉野家のようなチェーン店を作りたい。」「おにぎりと、お味噌汁と、生野菜がたっぷり摂れるファストフードを日本に沢山作りたい」という事を4人の先生方に言った。

いいじゃん、すぐやりなよ、っていう先生と、いやいや、資本金はどうするの、という先生と、お金がかかるね~という先生。

そうだよな~
やっぱりお金ないと何もできんな・・と
人生甘くないよな、とちょっとやる気をなくしてしまった。



だけど、その中で一人だけハッと目が覚めるようなアドバイスをくれた先生が居た。

それは、お金持ちの人がやればいい。
あなたにしかできない事をやりなさい。
今までの自分のやって来た事を振り返ってごらん。


当たり前の事なのに、それに気付いていなかった。
わたしにしか、できないこと。

それをやりたくて起業しようと思ったんだった。


まずは、パワポに今までのやって来た事、年内に出来そうなことを書き出してみたら?


とアドバイスをもらって、俄然やる気に(笑)単純。



とりあえず、パワポの使い方が分からなかったので(笑)Tちゃんに教えてもらい、第6回目、最終回の7分プレゼンに向けて資料作り。



自分の仕事の紹介と、これからは店作りというプロデュース業をやって行きたいという内容。
ちょうど、その頃仲良しの友達が辻堂辺りで店を出したいからプロデュースして欲しいという話しが来ていて。物件が決まっていないから、春頃を目安に始めたいね、という話しをしていた。




2013.10 最終プレゼン終了。
色々な人のプレゼンを見て、本気でやりそうな人とやらなそうな人。できそうな人とできなそうな人。
自分は他の人の目から見てどうだったのかは分からないけど、その時はまだ自分の中で、借金をしてまで何かをやる、とう気持ちはまだなかった。


最終日は皆で飲み会。
先生方と、仲間たちとこの時には大分仲良くなっていた。
2次会では全然関係ない話しもしてたし(笑)



2013.10月末
カイロのAちゃんと、イタリアンの店を開きたいKさんと私で、税理士の先生に誘われて不動産屋さんへ本厚木の相場を聞きに。(私は借りる気は更々なかったけど、勉強に、と思って)

その時は時間がなかったので数枚物件の案内を見て、ここAちゃんいいじゃん~とか話しておしまい。
Kさんは2012年から物件を探しているんだけどまだ条件に合った所が見付からない。
こういうのってやっぱりタイミングなんだろうなぁと思って、不動産屋さんの後はとあるカフェ&バーに行ってオーナーさんのお話しを聞きに行った。

その後皆で飲みに行って、本厚木も結構いいお店が沢山あるね~と盛り上がって終了。




その日が土曜日で、次の日お酒が抜けた所で、ひとつ気になった物件が頭の中から離れなかった。

もともと、事務所が欲しいと思っていて、小さな10坪という規模、10数万円という手が届きそうな値段。
居抜きで、オシャレです!と書いてあるけど、オシャレってどんなんだろう・・と思い、月曜日に見に行ってみよう!と日曜日の夜に不動産屋さんにメール。明日、内覧できますか?とメールしてみた。


仲良しの天然酵母パン屋さん、「アイヅチ」の奥さん、愛ちゃんと本厚木にイケてるカフェが欲しいよねぇってずっと話していて、愛ちゃんに「明日物件を見に行くんだけど、ランチしがてら一緒に行かない?」とお誘いしてみたら、なんとか都合をつけてくれて、翌日本厚木で待ち合わせ。
本厚木で有名なニルカフェさんで美味しいランチをしてからテナントへ。


シャッターを開けると、すんごくいい感じ・・

白壁にこげ茶の床。
キッチンは少し狭いけど、製氷機、冷蔵庫、冷凍庫、食洗機も置いたまま。
聞いた所、前のカレー屋さんは1カ月で閉めてしまったらしい。
客席も床も壁もとってもキレイ。
しいて言えば、机と椅子と照明がダサい(笑)

ここならあんまりお金かからないで始められるねー!
愛ちゃん、アイヅチカフェここでやればーーー!いや、はるひちゃんやりなよ、と盛り上がり(笑)
でもここを人に取られちゃうの嫌だな、って気持ちがあった。
雰囲気が、シンプルで自分の好きなテイストとぴったり。
値段も、広さもちょうどいい。

ここで、何かをやれる、やれそう、やりたい、って思ったのがその日。(2013.10月末)



カフェ開業 2013.11 へ続く。
[PR]
by haruhigohancafe | 2013-12-09 23:20 | カフェ開業2013.10